• 201708 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201710

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

受験の機会があるなら、する方がいいと思うの。

来年度に高校受験を控える子どもを持つ方と話す機会があって、
彼女が
「本人が大変そうだから、推薦で受かるとこに進ませようと思って」
と言っていた。
それを聞いて私は
「確かに試験を受けて合格するのは大変ですけど、絶対に受験して入学した方がいいですよ。大学を推薦で入って退学したうちの弟も『受験して入ったら退学しなかったと思う。努力して手に入れたものは簡単には手放さない』って後悔してましたよ」
と返した。

「受験する本人が大変そう」=「子どもの大変そうな様子を見る、親の私が辛い」んだと思う。
失敗したらかわいそう、どう慰めていいのかわからない…自分の辛さを子どもに転嫁してるんじゃないかと思うのよね。
でもねぇ、未来を賭けて自分自身の実力をぶつけて結果を得る機会って、人生でそうそうあるわけでもないし、弟が言うように、努力して手に入れたものはそう簡単には手放さないと思うんだよね。
受験を経て競争力が身に付くのかは謎だけど、自分の努力が報われることがあるという自信には繋がると思う。

そもそも、「大変そうだから」という理由で、親が子どもの未来を操作するのは、いかがなものか。
うちの弟みたいに、ぼんやりしていて自分で自分の進路を決められなさそうな子どもにこそ、自分自身が歩みたい道を根気づよく決めさせるべきなんだと思うけどね。

私だって、始めからこうなろうと思って高校、大学を決めたわけではない。
でも、自分が選んだ道が正しかったと信じたい一心で、今、ここにいるんだと思う。

Pagetop

[Edit]

なんだかもやもや

ふだん、こんなことはこのブログには書かないんだけど、もやもやしてるのでちらっと書きます。

実家に行くと、父とニュースをみながら話をします。
意見が合ったり合わなかったりするんだけど、共通するのは
「TPP参加すればいいじゃん」
さらに
「今までさんざん自動車とか工業製品を輸出しまくって稼いだくせに、何言ってんだ」
ってとこまで、同じ意見です。
だってさ、日本が安くて丈夫な自動車作っちゃったおかげでつぶれた海外の街なんて、なんぼでもあるでしょ。
そんなエゲツないことをして築かれた、現在の日本の生活なんですよ。
今までしたことをさておいて、都合が悪そうな場面では「無理〜」って逃げるの、アンフェアだわ。

そして、交渉もしてないのになんでもう負けムードになってるの?
そりゃ、日本は外交下手だけれども、勝負もしてないのに諦めるの早くない?
悪いのは、言いくるめる外国ではなくて、言いくるめられる程度の交渉能力しか持てなかった日本ですよ。

不利になりそうなら、どうしたら有利になるか、考えればいいだけよ。
安くていい自動車を作ってそれが海外に受け入れられたように、他の産業ももっていけばいいんじゃないの。
これまでと同じことを続けてよりよく稼ごうなんて、甘いわー。

いいとか悪いの問題ではないと思う、TPP。だって、日本は自由主義・資本主義の国なんだもん。

Pagetop

[Edit]

縁がないけど好きなんや

好きなんだけど縁のないものってありますよね。
私の場合は、メガネ男子なんですけどね。
いいなーと思うメガネさんがいても、どうにかなった試しがない。なぜだ…。

そんな私が今好きなメガネ男子。

その1 山田五郎さん
んもー、(たぶん)ボキャブラ天国の頃からずっと好き! サブカル系に属してるけど、西洋美術がお得意。英会話も堪能。インテリメガネだけどゆるい雰囲気がツボだわぁ。
ラジオ番組で、紹介したアイドルが彼のことを知らない、とインタビューで話したのを聞いて不機嫌になったっていう大人げないとこもおもろい(ていうか事前に勉強させとけスタッフよ。まさか、ネタか?)。

その2 ギャレス・マローンさん
NHK BSで放映している海外のドキュメンタリー番組の、英BBC制作の<バラバラだったコミュニティを合唱団を作ることでまとめあげる>という番組に出てます。合唱団の指揮者です。

で、どんなメガネくんなの? と。
はい、ギャレスたんの公式サイト〜。

きゅんきゅんするわー!(*ノェノ)キャー
トップページのタイトル横の写真がいちばんいいですね。
Vネックセータに白シャツ、そして手首が見えてる!(メンズの腕まくりが好きなんですよ…) この組み合わせ!
もう…もう…殺す気か!!
個人的には、前髪下ろしてる方がいいな。

番組も、もちろんおもしろいですよ。イギリス制作だからなのか、内容は熱いんだけど変な演出も誇張もせずに淡々と進行して、でもそれができあがった合唱の素晴らしさを引き立てているような気がします。


この二人に共通してるのは、育ちのよさそうなやんわりとした雰囲気と、スーツやセーター+シャツなどの坊ちゃんっぽいファッション、そしてクールではなく表情豊かでなかなか熱い、ってとこですかね。

身の回りにこういうメガネ男子がいたら、ぜひ私にご一報を!

Pagetop

[Edit]

かちん。

普段は温厚な私ですけど、久々に個人的なことでカチンときました。

Facebookの友だちリクエストがきたので、メッセージを読んでみたら…
「初めまして! Mac使ってるんですね。仕事頼んだら受けてもらえるもんですか? 周りにデザインできるセンス溢れる人もいなくて。といっても予算もとれないんですけどね(以下略)ヨロシクです」
(文章はもちろん変えてます)

はあああ?
つか、誰、あんた。
と思ったら、相手のプロフィールがみられるのが、Facebookのよいところ。
彼のページをみたら…この人、私の12歳上なのね。その割に、この無礼で頭の悪そうな文章…頭痛いわ。
で、彼の職業がさっぱりわかんないけど、屋号とか誰彼かまわず友だちになってるあたり、舌先三寸の似非コンサル風味? いや、学習塾経営?
こんな訳の分かんないヤツの仕事なんて、つまんねーし割に合わないに決まっとるわ。

さあ、滅多に入らない、私の黒々スイッチがはいりましたよ〜。


[かちん。]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

言い訳のようですが

最近、ブログの更新頻度は落ちてるし、内容もつまんなくなってますよね〜。

遠くに住む友人知人に「元気でやってます」という近況報告のために始めたブログですが、その役割が「Facebook」に移りつつあるのが、ブログの内容・頻度の変化の要因となっていると思います。

Facebookは実名での登録が基本なので、(誰でもいいからとにかく友人の輪を広げたい人以外は)、自分が相手の本名を知っていて交流したことのある人とだけやりとりすることが可能です。
なので、「どんな人が私の発言を読んでいるのかしら」という不安は、(一応)ありません。

そういうわけで、Facebookでは気兼ねなく私の行動をさらけ出せています(○○に行った、○○食べた、○○作った程度ですが)。
不特定多数の人が読むブログでは、さすがに内容が特定される情報を載せるのははばかられるもんね。

そのかわり、ブログでは情報や考えをまとめたりするツールとしての役割がメインになっています。
そんなの、自分だけが見る日記でやればいいんだけど、「誰かに読んでもらう」という視点を持つと、まとめやすいんですよね〜。

あと、ブログに対して思うところが、ちょっとあるのです。

[言い訳のようですが]の続きを読む

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。