• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

七時雨山(珍道中風味)

というわけで、七時雨山(ななしぐれやま)。八幡平市(安代)にあります。
この美しい名前は「一日に何度も天候が変わることに由来している」のだそうです。
でも、この日は快晴! 風もほとんどなく、天気も変わらず、いい山日和でした。

「七時雨山荘」に8時に待ち合わせだったので、へなちょこ山部員のkeikonoさんと近所のコンビニで6時20分に待ち合わせ。
…が、前日居残りして帰って、寝たのが1時すぎだった私。おにぎり握ってバタバタと準備をしてたらもう6時10分!
化粧も半分残してあわあわと出ようとしてたところに、kekonoさんからのメール。
『少し遅れます。自宅待機してて!』
よかった〜
化粧を仕上げて、朝ご飯をのんびり食べて、家を出て、25分遅れでようやく集合&出発。

高速に乗って、ナビの指示に従い安代インターで降り、国道282号線を南下。
「こんなに走るなら松尾八幡平インターで下りればよかったのにねー、あ、『ふうせつ花』だ〜」
…でも、これは珍道中のほんの前触れだったことに、このときは気づかなかったのでした。

安代の民宿街を通り越し、その先のガソリンスタンドを右折。どんどん山の中に入って行ったのですが、前に一度ドライブで訪れたときの七時雨山荘って、こんな道路走ったかな? と不安な気持ちに。いや、でもナビの指示通りだしな〜。
と、もやもやしてたら「七時雨山荘」の看板発見! 
でも。でも。ここって登山口のある山荘じゃないよ!どうみても。
私の記憶では、牧草地が広がる中に、山荘がぽつんと建ってて、登山道はずっと向こうにあった。ここはうっそうとした林の中。どう記憶をめぐらせても違う場所のような気がする。
念のためにともう少し車を走らせたんだけど、視界が開けたと思ったら、スキー場…。
時間通りには着いたけど、別の場所に連れて来られたのでした。とほほ。

ナビを再設定すると、西根まで進んで大更で左折すればいいことが判明。しかし、その距離30km。
「西根か…高速乗らなくてもよかったね。まあ、ここで道を間違えたから、もう山では(三ツ石の時みたいに)分岐を間違ったりしないでしょ! あはは〜」
気を取り直して再出発。先に着いているであろうkeikonoさんブログ仲間の橘さんに、待ち合わせに遅れる旨を伝えたくても、電波が届いていない様子。そりゃそうだ。山の中だもんね!
そんなこんなで30分遅れでようやく本来の待ち合わせ場所の「七時雨山荘」に到着。
お待たせして大変申し訳ございません…と、まずは平謝りの初対面となりました。
そして、8時55分、いざ七時雨山へ出発!

RIMG2310.jpg RIMG2347.jpg RIMG2336.jpg

牧草地をてくてく歩き、登山口は三合目。
ナラ林の中、太ももの筋肉をがっつり使うような急な登りもなく、とっても快適。おしゃべりしながらラクラク登れます。ああ〜、こういう山、大好きだー。

私、付き合いの長い人間からはMだと思われてるようなんですが、辛い思いをしたくて山に行くんじゃないんですよ。できるだけ楽に、キレイな景色を楽しみたいんですよ。「満喫したからもうここでいいや」って思ったら、登頂しなくても降りちゃいますよ。だからへなちょこなんですけど、
へなちょこでもいいじゃない、人間だもの こけし
あ、こけしは人間じゃないや…

そんなこんなで、約1時間半で頂上(北峰)到着! やっぱり山の上は風が強い。このあたりは発電に向く風が吹く場所らしく、稲庭高原の風車も見えます。
橘さんからおだんごをもらって小腹を見たして、笹薮をこぎこぎ南峰へ。
そう、この山、ピークが二つあるんです。ツインピークスですよ(見てなかったけど懐かしいなぁ)。地元のおっさん人から「おっぱい山」って呼ばれてるそうです。
この日は霜がおりたので、薮の下はとけた霜でぬかるんでました。転ばなくてよかったよ〜。
南峰には、権現様(獅子頭)がいました。
頂上からは岩手山や八幡平の稜線が見え、すぐそこの田代平高原も丸見え。
橘さんから「この後、田代平の縦走もしようと思うけど、どう?」と誘われ、ちょっとビビってたんだけど、こうしてみるといけそうだなぁ。でも、この日は時間がなかったので、またの機会にしました。

RIMG2315.jpg RIMG2321.jpg RIMG2322.jpg
RIMG2323.jpg RIMG2326.jpg
(左上から)山の中から岩手山がひょっこり/北峰1060m/南峰は1063m/南峰のてっぺんに鎮座まします権現さま。三社大祭とかえんぶりの時期に横丁で飲んでると、頭噛みに来てくれるのよね/南峰から見る北峰。何カップくらいかしら。少なくとも私のよりは大きいわ

RIMG2327.jpg RIMG2328.jpg DSC_0075.jpg
山の中の小さな仲間たちシリーズ。苔、かわゆす〜

来た道を引き返し、牧草地の中で田代平高原を眺めながらお昼ご飯。
風があって少し寒かったけど、天気のいい中、いい景色を見ながらのんびりと食べるおにぎりは最高だった〜。お昼ご飯タイムのために山に登ると言っても過言じゃないね!
バジル01
これから縦走に向かう橘さんを田代平高原の入り口に下ろし、へなちょこ組2人は奥中山高原スキー場の温泉に入り、ベアレンビールの「赤レンガビール祭り」前夜祭で飲んだくれたのでした。
あ〜、いい一日だった! へなちょこ登山、最高です。気さくな山男の橘さん、またどこかご一緒してくださいね〜! 今度は私もおやつ持って行きます…。
ちなみに、七時雨山には迷うような分岐点はありませんでした。みなさんも安心して登りに行ってみてくださいな〜。

家の近所で行われた「赤レンガビール祭り」、6杯くらい飲んだかしらね。その後、当然のように2軒目へと…。ちなみに、ベアレンビール祭りは、基本マイジョッキ持参です。これはもちろん、マイジョッキ!




Pagetop

Comment

お疲れ様でした。
七時雨、天気も良く山日和でしたね。
こけしさんとの話しも楽しかったです。
また来年、のんびりと楽しめる山に行きましょう。
マイジョッキで6杯ですか!もしかして強い?
いつか飲みにも行ってみたいですね~。
これからもヨロシクです。
>橘さま
お疲れさまでした〜。
田代平縦走は、意外と大変だったようですね(笑)

私はあの日は寝不足でテンション高めだったんです。
普段は、あんなにしゃべらないんですよ。
そして、お酒も、好きですが強くはないです。嗜む程度ですよ、うふふ。

頼もしい山仲間ができてよかったです!
今後ともどうぞよろしく〜♪
  • 2012-10-29│22:51 |
  • こけし URL│
  • [edit]
No title
初対面なのに、30分も遅れるという...やっぱり「へなちょこ」の名を裏切らず?!(笑)
みんなはー、報告写真だけどぉー、私は、二人のラブラブ写真をゲットしてます。うふっ。お楽しみに~♪...って、アップがいつになるか?わがんねーけど(笑)
  • 2012-11-01│19:11 |
  • keikono2 URL│
  • [edit]
>keikonoさま
へなちょこは、もう、治らないのかもしれませんねー。あはは。
そして、ラブラブ写真撮られてたんですね! 油断してたわ〜〜(*> <*)
それはともかく(笑)、keikonoさんの美しい写真、期待しておりますよー。
  • 2012-11-01│19:56 |
  • こけし URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。