• 201703 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201705

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

あいててて…でも、わかる~

また、よその読み物のご紹介なんですが。

「誠」っていうビジネス系情報サイトの中にあった「なぜ“普通のオトコ”は、なかなか見つからないのか? 」ってエントリがおもしろかった。第二回もございます。

現在独身で、しかも自ら動くこともない割にはぼんやりと「結婚したいなー」って思っているそこのあなた!(ビシっ!)
読んでおいた方がいいですよー。

○「いい男いないなー」とかいいながら、我が身を振り返って反省はしない。
○「ふつーの人でいいんだけどねー」と言いながら、心の中には条件が山ほど。しかもいちいちハードル高め。
○自分が頑固で個性バリバリのわりには、偏った趣味の男性には「うざ~い」と思う。
○男受けのいい女性を見ると「男の前で猫かぶっちゃって。ああいうの嫌よね」と言いながら、彼女から何も学ぼうとしない。


私も、そんな女の一人でしたよ(泣)。今も、脱し切れていないけれど。
なので、これ読んでて「あいたたた…」って心が痛みましたわ。
独身女でつるんでると、これでいいか~ってなっちゃうんだよね。
こりゃいかんと思って、一時期、女性の友人とあまりつるまず、男友だちと飲みに行ったりしてました。
勉強になりますよねー、男性の話を聞くと(それに女性同士特有の会話のダラダラ感がないのが爽快だ。結論出してくれるし)。
メンズはやっぱりスカートも、露出も、白いコートも好きだし、なにより、女性には甘えさせてほしいし褒めてもらいたいようですな。
そして、ごく一部のマニアさんを除いては、明るくほがらかな女性は、受けがいい。私だって、明るくてよく笑う男性の方が好きだもの。

そんな彼らの話を聞いていて考えました。
私が頑に守ってきた「自分らしさ」って、いったいなんなんだ?
受けを狙って男性の前で猫かぶろうが、白いコート着ようが、私自身は何も変わらない。
そして、私が男性に求めていたものは、何だったんだろう。今完成されていなくても、補いあって、高めあっていければそれでいいじゃないか。私だって完成されてないんだもの。
相手に高望みするだけでなく、自己プレゼン能力が低いくせに男性に選んでもらおうなんて、虫のいい話だよな…。

というわけで、いろいろ見直して、少し、自分を変えるようにしました。
そしたら、男受けが良くなった気がします。
が、主に、おじちゃんからってのが、残念だけどもね…。
でも、おじちゃん=私世代の少し上 ってことだから、もう少し頑張れば、ドンぴしゃゾーンにもいけるぞ!
と自分を励ます日々なのでした。。。

だってね~、条件をいろいろ整理しても、年下は譲れないんだよー!

Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。