• 201710 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  • » 201712

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2010-09-06│
  • Category:

久々日本酒

日本酒って体なじみがいいせいか、いつの間にかするする飲んでて次の日がっつりやられる、ってパターンが多いので、あまり手を出さないようにしています。

が、土曜は日本酒の会に出てみましたよ、久しぶりに。
会場は、古牧温泉青森屋さん。
古牧温泉というと、小さい頃は「親戚の結婚式」「ボウリング」「温水プール」「いとこの日舞の発表会」で行ったくらい。温泉も1.2回入ったかなぁ。なんか、薄暗いわやたらめったら広いわ、あげく迷子になるというイメージがありました。
数年前に星野リゾートに経営が移ってから、イメージもがらりと変わったらしいという噂はたびたび聞いていました。
で、実際行ってみて・・・。
確かに、雰囲気違う! 前はいかにも田舎の温泉ホテルだったんだけど、古民家をイメージして木をふんだんに使った、親しみやすく上品なイメージに改装されてました。そして、やたらと広かった館内は一部閉じて、少しシンプルになっていました(若干、急ごしらえな部分も見えなくもないけども。ちなみに客室は改装してないそうな)。
地元民からすると、南部も津軽もいっしょくたに扱われていて居心地悪い気もするけど、まあ「青森屋」だからこれでいいんだなと。あれこれと仕掛けもしてあって、楽しい気分になります。
う~ん、日帰り入浴して、浴衣でまったりしたい~。庭ぶらぶら歩きたい。
なんかこう、プレゼンテーションが上手だなぁと感じました。キャッチーな部分、他所のひとが感じる青森の青森っぽい部分をうまく押さえてるなと(ま、作り物ではあるけどもね)。
そして、昔のこういうホテルはゲームセンターとかボウリング場とかどこにでもあって流行っているものを提供していて、そこが「どこ行っても同じ」とか「古くさい」ってイメージを作っていたんけども、「ここにしかない」アミューズメント(かっちゃの調理風景とか、地元のお茶を提供する「じもティー」とか、農園の野菜とか)で楽しんでもらうというのがユニークさを打ち出し、あか抜けるためのキモとなるんでしょうね~。

あ、それはともかく、日本酒、適度に(7蔵全部制覇できなかったけど)飲んでさくっと帰ったので、二日酔いもせずすっきりでしたよ。
しかし、調子に乗って冷や酒飲んだせいか、お腹がゆるいっす・・・。ポカリで水分補給してます。

Pagetop

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。