[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

  • 2012-06-24│
  • Category:日記

主のいない小屋

母の手術の日、フィラリアで弱っていた実家のわんこが、旅立った。

父が、母の手術に立ち会った後、泊まりで付き添いのための準備をしに戻ったら、もう、息を引き取っていたそうだ。

ご飯が食べられなくなった彼女のために、ネットで買った栄養スープが届く前に、逝ってしまった。
もっと早く、送ってあげられたらよかった。

父は、私が実家に行くまで内緒にしておこうとしていたらしいが、スープを送ったと電話をしたので、話してくれた。
入院中の母には、まだ言っていないそうだ。

その話を聞いた時は、無力感と寂しさでめそめそしたけれど、自分の思うようにならない体を脱ぎ捨てて楽になれたのだと思うと、私の気持ちも少し楽になった(たきさん、ありがとうございます)。

昨日の夕方、実家に行った。
玄関脇にある主のいない犬小屋を見て、彼女はほんとうにいなくなったんだと実感した。
けれど、身に付いた習慣で、家の中から玄関に向かうと、その足音を聞きつけて散歩の催促をする彼女の様子が目に浮かぶし、外出先から家に戻ると、ついつい小屋の方を見てしまう。
父も同じように、ついつい、彼女の姿を探してしまうそうだ。
そんな話をして、二人で笑った。

10数年前のある日、実家に行くと、子犬が家の中にいた。
手を出すと、私の手を舐めて、離れようとしなかった。でも、母犬を求めて鳴くことははなかった。
ちょっとおバカさんなところもあったけれど、たまにしか顔を出さない私のことも、家族の一員(というか子分?)として認識していた。
他の家族は散歩を面倒がるので、私が実家に行く時は、必ず散歩に行った。
なんだかんだいって、かわいい妹分だった。彼女にとっては私の方が、妹だっただろうが。

短い間だったけど、楽しい時間をありがとう。
どうぞ、安らかに。
私がそちらに行ったら、また一緒に遊ぼうね。
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

3G使わない大作戦!

さっき唐突に「夏の日の1993」を思い出した。
あの歌って、<ナシだと思っていた女の水着姿見たら、ムッハー!ってなったお。>って内容だよね。
そんな中身のない詩をそれなりの曲に乗せたら流行っちゃうんだから、音楽の力って、ほんと、スゴいよね!

それはともかく。
WiMAXのルーターを表に持ち出して、外出先ではスマホをWiMAX経由でネットにつないでいるのに、どうしても3G回線のパケット量が減らないのに、悩んでいました。
アプリ入れてるとバックグラウンドでアクセスしたがるのはわかっているんだけど、それを阻止するために、本体側の設定をいじってもアプリ側がアクセスするのは止められないようで、でも、アプリ一つ一つの設定をいじるのは面倒で…むきー! てな状況。

そしたら、私と同じように、WiMAXルーター持ち歩いたりお外のWi-Fiスポットでちまちまネットにつないで通信料金をケチりたいんだけど、3G回線使用量が減らずに悩んでいる人が、けっこういるらしいのね。
調べていると、スマホの3G回線を最低限しか使わずに、あとはケチケチWi-Fiでやりくりできている人のブログを発見!
その人の解決策は…

[3G使わない大作戦!]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

  • 2012-06-13│
  • Category:作る

どうしても、アレが使いたいのだ!

私、トイレットペーパーは、厚紙の芯がないタイプが好きなんです。

例えば、こういうの。
生協の「コアノンロール

芯なしのいいところは、ゴミが出ない。
そして、1巻が長い。芯ありがダブルで1巻30mとして、芯なしだとだいたい倍の長さが巻かさっています。
そうすると、とりかえる手間が省けるし、場所もとらない。
場所をとらないってことは、私のような車持ってない人は、買物のとき、荷物が少なくて楽なのです(重さはいっしょだけど)。
そして、コアノンに慣れると、普通の芯ありのを使ったとき、しょっちゅう補充しないといけなくてせわしない! って感じます。

でも、コアノンロールは専用の芯をつけないと、使えません。
古いタイプの、ペーパーの芯があるタイプのホルダーなら付け替えられるんだけど、新しいタイプの、左右に羽のある跳ね上げ式のホルダーだと、この専用芯が使えない。
専用芯のいらない太芯タイプもあるんだけど、1巻が短くなるのがね~。
仕方がないので、しばらくは太芯タイプのを使っておりました。

が。
生協に行ったときに、細芯タイプのコアノンのパッケージを見たら、どうやら、うちのトイレットペーパーホルダーでも使えるっぽい!
そろそろ切れる頃だし、買うか!

そして、さっそくうちのホルダーにつけようと試みました…ら…
ホルダー部分に変なでっぱりがあって、微妙にはまらない!!!
くそう、セキ○イめ…

専用芯がね、もう少しだけ短ければいいのよ。
じゃあ、短くしたるか。
でも、両端を削りすぎると、ホルダーにはめたときに支えられなくなるから、あまり削れない。
どうしたもんか…。
考えながら無理矢理はめようとしたら、芯が「めにょ」と真ん中から曲がった、と思ったら、割れた!
な~んだ、真ん中で別れるようになってんのか、じゃあ、ここを削れば短くできるじゃないか!
0612

幸い、柔らかい素材でできているので、ハサミでちまちま長さを整えて、無事に、うちのホルダーでも細芯タイプのコアノンロールが使えるようになりましたとさ。

うれしくて勢い余って書いたけど、わかんない人にはさっぱりわからんよね、このうれしさ。

Pagetop

[Edit]

  • 2012-06-11│
  • Category:日記

実家のわんこ

実家のわんこの調子が悪くなって、1ヶ月ちょっと。

もともと感染していたであろうフィラリアが、そこそこ年老いた彼女の体力を奪っている。
GWに実家に行った時はよちよちでも歩けていたけれど、こないだ行ったときにはもう、ずっと小屋に入りっぱなしだった。
手を差し出すと、ぺろりと舐めてくれた。
でも、もう、しっぽをぶんぶんふって、どろんこの足でもかまわずに飛びかかって来て、手のひらから顔から舐めてはくれない。
少しじっとしてくれないとお散歩用のリードがつなげないよ! なんて嘆いていたのが、嘘のようだ。

動けない彼女は、小屋の中から、目だけきょろきょろさせている。
外に出る力もないので、毛も汚れて、ぼそぼそになっている。
小屋の中には、カリカリと、母が作ってあげたご飯が少し、置かれた状態でそのまま残っていた。

仕方のないことだ、命のあるものはいつか、その命の火が消えてしまう。
残される者は、それを受け止め、それに向き合う責任がある。
今より若い時は、ただそういう風に淡々と現実を受け入れていたけれど、
私もそれなりの歳になり、いろんなお別れを目にし、経験すると、単純にそうも思えなくなってしまった。

若い頃の私が今の私を見たら、ずいぶん弱くなった、日和ったもんだ、とバカにするだろう。
経験を重ねると、弱くなるのかもしれない。
いや、弱くなるんじゃなくて、心が動く事柄のバリエーションが増えていくんだろうな。
様々なことにいちいち心が動いて、泣くことも、嘆くことも、無力感を感じることも、多くなるんだろう。
だから、若かった私に言ってやろう、日和ったんじゃなくて、少しは人間らしく心を動かせるようになったんだ、と。

ご飯も食べられなくて、力もでなくて、大好きな散歩にもいけなくて。
辛くないわけはないと思う。
でもせめて、痛かったり、苦しんでなければいいな。
こちらの勝手な思いだけれど、彼女の弱った姿を認める勇気のない私は、そんな風にしか、現実を受け止められない。

Pagetop

[Edit]

  • 2012-06-06│
  • Category:日記

今年も…

この病気は仕方がないとはいえ、かあちゃん、また手術&入院だってさー。
「今年は大丈夫だと思ってたのに~」って、いったいその自信はどこからくるんだ…。
ヤツは、こちらの都合なんておかまいなしなんだから~。

まあ、それはともかく、「先生がそうしろって言うから」とか言いながら、食っちゃ寝しててすっかり肥えちゃった母。
(前かけエプロン作ってあげたら、化粧回しみたいになって愕然…)
脂肪が邪魔になって、体にいちばん楽な処置ができないんだそうな。

だから、食事もちょっと控えめにして、体動かせって言ったのに。
病院でダイエットしてこい!

…なんて軽口たたけるのも、定期的な検査で軽いうちに腫瘍が発見できるからだよな。ありがたや。

Pagetop

[Edit]

  • 2012-06-04│
  • Category:日記

お江戸日記 最終日

6月3日(日)

12060301
前日の三井記念美術館で、「地上最大の手塚治虫展」なるものが世田谷文学館で開催中であることを知り、急遽世田谷に行くことに。全くノーマークだったわ~。
行こう! と盛り上がったのはいいけれど「で、世田谷ってどのあたり?」…そうか、山手線では行けないんだね…。乗り換え乗り換えで約1時間。東京への旅で京王線に乗ることになるとは思わなんだ。
芦花公園駅で降りて、てくてく歩きながらランチのお店を探すことに。しかし、目的地のある南口はいきなり住宅地。大丈夫か? と思い始めたとき、目の前に蕎麦屋出現! お互いに何も言わなかったがそば気分だった我々、迷わず突入。「ごぼう天せいろ」を頼みました。天ぷらサクサク、そばつゆはきりっと辛くて(濃いってことよ)、おそばもおいしい~。勢いで入った割にはいいお店に当たって、満足。

12060302 12060303
蕎麦も当たりだったけど、手塚治虫展も当たりでした。展示が工夫されていて、飽きることなく楽しく観ることができましたよ。これ、世田谷の文学館なんかでやってるから観客も少なめだったけど、もっと中の方でやったらボストン展並みになったんだろうな…でもまあ、内容はマニアックではなかったから、こんなもんなのかな? ともあれ、ゆっくりじっくり観られて、こちらも満足。
入り口にはアトムとサファイヤが、出口にはブラック・ジャック氏が立ってました。かっこいいなぁ、黒男さん。
実家にブラック・ジャックの単行本があったので(しかも連載時のやつ)、小さい頃から何度も何度も読んでたのよね。高校の頃はあれを読んで「清濁合わせ飲める人になりたいもんだ」と思ったものです。
手塚治虫の漫画は、単純な勧善懲悪ではないそうだけど、確かにその通りで、ヒーローもヒロインもみんな悩んだり黒い心を持っていたりする。だからこそ、いろんなひとたちに支持されるんでしょうね。そうだ、「火の鳥」欲しいなぁ。

12060304
おみやげを銀座で買うため、乗り換え駅の新宿に向かいつつ、ゴディバのシェイク「ショコリキサー」の話をしていたら、降りたところにちょうどゴディバが! しかも、ショコリキサーがある! そりゃもう迷わずいただくでしょう! ただし、お腹の弱い私と甘いのに弱いK子たんなので、2人で1つね。
高いけど、おいしかったよう~。でも、一人で1個は多いな、うん。

12060305
銀座について、松屋でもりもりとみやげを買っている途中で、くま氏と合流。新幹線の時間まで少し余裕があったので、7丁目のライオンで1杯ひっかけました。「白穂乃香」という、無濾過のビールをいただきました。想像とは違う味ではあったけど、うまかったわ。

12060306
有楽町駅でK子たん・クマ氏と別れ、東京駅グランスタで夜ご飯を買い(ビールはなし)、帰路につきました。
イケダンのクマ氏からおみやげにもらった、マネケンのワッフルをデザートに、少しずつ日常を取り戻せ…るわけはなく、余韻に浸りまくりでおうちに帰りましたとさ。

2泊3日で展覧会を4つ、なかなかいいペースでした。
大学時代の友人にも会えたし、いろんな人にお世話になって、楽しい時間を過ごすことができました。感謝!
しばらく節制して、また行くぞ~。

Pagetop

[Edit]

お江戸日記 2日目

6月2日(土)

12060201
2日目は、乗り換えした五反田でランチをした後、六本木のミッドタウン「21ー21」へ。「東北のテマヒマ展」を観てきました。
東北各地の手仕事(日常の食べ物/工芸品)とその制作行程を紹介する展覧会。
行こうと思ったはいいけど、省略して他のものを観てもいいかな…と思いつつ、やっぱり観てみたら、おもしろかった! 映像がステキに作られていたので、青森県民にとっては身近すぎるリンゴ箱なんかも、なんだかかっこいいプロダクトに見えてしまう。でも、時間をかけて機能性や実用性が煮詰められてると、無駄を殺ぎ落とされたシンプルなモノになって、かっこよさがにじみ出てくるんだろうね。手技も同じく、無駄のない、美しい動きになるのでしょう。
綿々と受け継がれた技、それによって生み出された物たちを黙々と作る作り手のみなさんの顔と手を観たら、ちょっと、涙が出ました。個性や自己顕示欲などはそこになく、生活するために必要な物や技が中心にあって、人はそれを受け継いで行く、イタコみたいなもんなのかなぁと感じたりも。
写真のおされ太鼓橋を渡って、ショップや飲食店の入った「ガレリア」へ。いろんなショップで目の保養をしました。ギロッポン、上品な街でしたわ~~。

12060203
日本橋に移動して、三井記念美術館の「ホノルル美術館所蔵 北斎展」へ。今回の旅の、当初のメイン(だったけど、調べるうちにいろいろ観たいのが増えた)。
ミッドタウンで意外と時間を使ってしまって、こちらはあわあわと観るはめに。富嶽三十六景はじめ、点数はそこそこだったけど、肉筆画も観られてよかったです(浮世絵は主に木版画、北斎のような絵師が描いた下絵を版画におこす)。

12060204
歩きっぱなしで疲れたので、美術館と同じく三井タワーに入っている千疋屋のカフェで一休み。K子たんはバナナシェイク、私はフルーツオレを。フルーツいっぱいでおいちかった。

体力も復活したので、ぶらぶら歩いて神田へ。
この夜の宴は、大学の同級生とのプチ同窓会(ていうかただの飲み会)。
駅のそばのガード下にあるその名も「があどした」というワインのお店で乾杯!
女の子には優しく野郎にはぞんざいな江戸っ子系な店主のうんちくに耳を傾けながら、白と赤を1本ずついただきました。デキャンタに移しながら飲んだ赤、渋くて香りがよくて、おいしかったなぁ。

2次会は、場所を移動してイタリアンのお店へ。ここでもワイン。でも私は、けっこうお腹いっぱいになっちゃって飲めなかったなぁ。眠かったし。もっと楽しみたかったのに、体力の衰えが憎い~。

そんなこんなで、2日目の夜は更けました…。

Pagetop

[Edit]

お江戸日記 1日目

6月1日(金)
12060101
玄関を出たらとってもいい天気! バスで駅に向かい、9時半くらいに東北各駅停車の「遅はやて」に乗り込む。空いている時間のせいか、えきねっとで35%引きでした。

12060105
12時半くらいに、友人K子たんと上野駅で待ち合わせ、国立博物館「ボストン美術館展」へ。あらかじめオンラインチケットを買っていたのでチケット売り場で並ばなくてもよかったけれど、入場まで20分待ち。外で待つので、レンタル日傘が。ありがたい。
ようやっと入ると、やっぱり、押し合いへし合い、ベルトコンベア式での鑑賞。でもやっぱり、さすがボストン美術館のコレクション、いいものがたくさんありました。
目玉のひとつである「平治物語絵巻」もよかったけど(あんまり見えなかったが)、もう一つの絵巻「吉備大臣入唐絵巻」がおもろかった! 遣唐使として唐に渡った吉備真備の大冒険のお話なんだけど、難しい書物をカンニングして覚えたり、囲碁をズルして覚えたり、超能力で空を飛んだり、なんかもう~、ぶっ飛んでます。
曾我蕭白の「雲龍図」の迫力ももちろんすばらしかったんだけど、彼のいろんなタッチが観られたのが、印象的でした。
表に出たら、建物の間からスカイツリーがにょっきり。

12060102
上野から日暮里に移動して、繊維街へ。布や手芸用品のパラダイス!
とはいえ、お店がずらっと並んでるわけではないので、商店街自体はわりとさっぱりした印象。でも、店の中に入ると、熱いんです! 私は、興奮しすぎて何も買えず…。K子たんは、靴屋で靴買ってました。そのお店では高校生の頃のあこがれ・Dr.マーチンのアウトレットが半額くらいで売っていて、本気で買いそうになってしまった…。なんとか自制できましたよ。

12060103
場所を恵比寿に移し、「恵比寿横丁」の「肉寿司」へ。
八戸の「みろく横丁」が屋内にできた感じのとこでした。でも、あそこと違うのは、観光客ではなくて地元のサラリーマンが主な客層ってとこ。仕事帰りの上品なOLさん、おじちゃん、おにいさん、いろいろいました。
ビールでほろ酔いになった頃、K子たんの旦那・クマ氏も参戦、3人でワインを1本空け、いい気分。
もちろん、お肉(馬)の寿司もおいちかった~! でも私は、生より炙りが好きかな。
いい感じで酔っぱらって、お宿(夫婦の自宅)にチェックイン、軽く二次会をして、就寝。
12060104

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。