[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

オタとは違うのだよ、オタとは!

クレジットカードやらコンビニのポイントカードやら、ちまちまとポイントを貯めています。
私がメインで使っているコンビニはロー○ンなんですが、それも、カードでポイント貯めたいから。
ポイントで発行できる「おためし引換券」で、かなりお得に商品がゲットできます。これ、やめられないっす。私の好きなタリーズの缶コーヒーなんて、20ポイント(1ポイント1円になるので、20円!)で交換できるのよ~。
ちなみに、1回の会計で1ポイント、商品100円につき1ポイント貯まります。

で、仕事帰りに近所のロー○ンに寄ったら、153円の栄養ドリンクのPOPに、「ボーナスポイント50ポイント」ってついてた。
…ごくり。
だいたい、150円くらいの品物なら、普通は10ポイント程度なのよね、ボーナスポイント。
それがあんた、50ポイントって! Ponta、太っ腹~!

しかーも!(クレアラシル風←懐かしい)
ラベルがファーストガンダムだ。いや、別にそれはどうでもいいんだ。いいんだけどどうせなら…ってことで、セイラさんのを選びました(他にはアムロとブライト、連邦のモビルスーツがいくつか)。

今日使ったポイントが、あっという間に復活したわ。あと1本買ってもよかったかな…。

DSC_0122.jpg

このブログを読んでいるみんなは、飲めますね。
スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-25│
  • Category:日記

今日・明日の状況

1025.gif

こんな感じです。

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-24│
  • Category:作る

毛玉ストラップ

先日つくったフェルト玉を、ケータイストラップにしました。

DSC_0120.jpg

3色団子みたいだな…。しかも、性格が歪んでいるせいか、仕上がりも歪み気味ですけどね。
先生のWoolMioolさんがこうしてストラップにしてて、かわいいな~といつも思っていたのですよ。
マイ毛玉ストラップができて、うれすぃ!
でも、どうせならNishikigoiカラーにすればよかったか…。

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-23│
  • Category:日記

大惨事!

賃貸暮らしだと、洗濯物を干す場所に難儀しますよね。
晴れていれば(夜中でもかまわず)外の物干ざおに干すんですが、天気が悪いと室内干し、でも部屋が狭くて干す場所がないから、カーテンレールにひっかけることになります。
もっと高いお部屋なら、浴室に乾燥機能もあるんでしょうが…(でも、電気代かかるみたいだよな、ちるによると)。

で、今の部屋の窓、かなり高いんです。230cmくらい。ほぼ天井まで窓で、その分明るくていいんだけども、何か台がないと洗濯物がひっかけられないんです。

今日もいつものように、スツールに乗って、洗濯物をかけていました。
いつもと違ったのは、この後…。

レールにハンガーをかけようとした瞬間、スツールの足下がぐらりとし、視界が変わって
ずるん!
斜めになった私の足は観葉植物を蹴り、手に持っていた洗濯物は宙を舞い、私が地面に着いた時は白木のフローリングは土まみれになっていました。

実家からもらったサンセベリア(母が「空気をきれいにするってよ~」と言っていたが、マイナスイオンを放出するらしい)の葉は数枚折れてしまいました。しょぼん。
ていうか、実家から持ってきたまんまで鉢も大きくしてなかったからなー。頭でっかちで不安定だったんだ。これを機に、植え替えするか。

今はすっかり落ち着いたけども、大惨事の直後はかなり頭に来て、手に持ってた洗濯物とか転がったペットボトルとかを投げて、一人大暴れでしたよ。
「こんな狭い部屋もう嫌だ!!」とか言って。
まあ、なんにせよ自分が悪いんだけどね~。

朝からイラッとしたので、パン屋さんでアップルパイ買って、自分を甘やかしましたよ。えへへ。

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-22│
  • Category:日記

昨日のズボンはもうはけない

カーブスに通い始めて数ヶ月後、フィットネスに通っているのになぜか人生最重となり(油断したせいです)、その後はじりじりと減って、去年の夏にガツンと減って今に至ります。
トータルで、最重の頃から10kgちょっと減っています。まあ、カーブスに4年近く通ってたったそれくらいかよ…って感じですが。とほほ。でも、急に減らした脂肪は戻るのも早いって言うから、これくらいのじりじり具合でいいのかも。

脂肪が多くて(今も多いけどね!)ぽよんぽよんだったころに比べたら、筋肉が増えている分、サイズは体重以上に変わっているみたい。

で、1年ぶりに出したスーツを着てみたら、パンツがぶかぶかになっててびっくり!
去年はちょっとパツパツだなぁくらいだったのに。
手持ちでいちばんサイズの小さいやつでちょうどよかった。
それだけ体が締まったってことでうれしいんですが、ぶかぶかのパンツってかっこわるいのね~。

しかし、ジャケットはそれほどぶかぶかじゃないんだよな…。むむー。

Pagetop

[Edit]

色づいてきました

近所の庭園の紅葉が、色づいてきました。
楽しみだなぁ。

Pagetop

[Edit]

  • 2011-10-17│
  • Category:作る

フェルト玉ワークショップ、やります

私もちょびっと顔を出している「アトリエてとて」。
街中のちいさなアパートの一室「アトリエてとて」で、おもしろいことをやろうという一味です。メンバーは市内のライターさんやらフードコーディネーターさんやら、いろいろ。
先日やった、「こけ玉&多肉植物ワークショップなどなど」の様子はこんな感じ

来月、その「てとて」にて、フェルト玉ワークショップを開催します。
先日、スタッフの一部でその予行演習をしたのですが、これがまー、楽しくて楽しくて!
もわもわしたカラフルな羊毛を、丸めて、洗剤を入れたお湯に浸して、くるくると手のひらの中で丸めていくと…固くてしっかりしたフェルト玉になるんですよこれがまた!

セーターを洗濯するとうっかり縮ませちゃったりしますが、フェルトはその原理を使って作ります。
羊毛(羊に限らずですが)は、熱などでキューティクルが広がって毛どうしが絡みやすくなる性質があります。
で、お湯などでキューティクルが広がったところを水できゅっと締めると、毛の絡みが強くなる。一度絡んだ毛は、もう離れることはありません。
洗剤入りのお湯だと、キューティクルの広がりも大きいので、より絡みやすくなるのだそうです。
なので、一度縮ませたセーターは、二度ともとの大きさに戻らないし、縮ませないためには水の温度差を少なくしないといけません。
かわいいものを作りつつ、ちょっとお勉強にもなりますよ。

詳細が決まり次第、あちらこちらで告知いたしますので、お楽しみに~。
ちなみに、今回はフェルト玉を作り、それを小物に加工する初級編ですが、中級編、上級編も考えておりますよ~。

111017
↑洗剤を入れたお湯に、丸めた毛を入れます。まるでスーパーボールすくい。まだ毛はほわほわですが、ここからどんどん固くなっていくのです。

Pagetop

[Edit]

スティーブ・ジョブズ、永眠

Apple社の元CEOのスティーブ・ジョブズ氏が、永眠しました。
56歳。

初めてMac(classicとかIIかな?)を目の前にし、マウスを動かしたとき、それまで私が知っていた「コンピューター」とは違う直感的な使い心地に驚き、そしてわくわくしました。なにより、筐体がかわいらしかったのにグッときました。
その時は自分とMacがこんなに長く一緒にいることなんて想像できなかったけれど、これからはこれがロットリングや写植に変わる仕事の道具になるんだなと感じた記憶があります。まだ、DTPという言葉も聞いたことがない20歳そこそこの頃のこと。

そのかわいいMacを大学の授業で使うたびに、わくわくしていました。まだ画面はモノクロで、Illustratorも作業画面とプレビュー画面を切り替えながら、データを作っていました(バージョンは88かな? 3になってたかな?)。

バイトで貯めたお金で初めて自分だけのMac(LCII)を買ったときは、ほんとうにうれしかった。たとえOSは漢字Talkで日本語変換がおバカでも、モニタが13インチで解像度が粗くても、256色しか表示できなくても、よくフリーズしても、Macは私のかわいい相棒でした。
そして、それはCPUがmotorolaからintelになり、機器の接続方法がSCSIからUSBになり、モニタが液晶になり、記憶媒体の容量の単位がMBからGBになった今でも、変わりません。

紆余曲折あって、再びアップル社の中心人物となったジョブズ。
彼が新製品を発表するたびに、世界中の人が、他のモノではなかなか感じられないような「わくわく」を共有していたのだと思います。
ジョブズがいたApple社は、これからも私たちをわくわくさせる製品を作り続けていくだろうと、期待します。


…まあ、私はApple信者ではないので、なんでもかんでもMac万歳! とは思わないんですが、ともかく、よくも悪くもジョブズはすごい人でしたね。
たぶん、ああいうリーダーがいたら、部下はうんざりだと思います。でも、それがリーダーの素質なのかも。
とんがった人は周りを巻き込みながら、自分の信じる道を突き進むんでしょうね。
ありがとう、ジョブズ。Macをつくってくれて。

http://www.apple.com/stevejobs/

Pagetop

[Edit]

10月計測

最近週に1回行けるか行けないか…のカーブス。
なるべく運動量を確保しようと、徒歩通勤にしたり、会社の階段を7階まで登ったりしてます。
でも、ワークアウトして筋肉を育てないと、せっかく有酸素運動をしても脂肪は燃えないのよね~。
筋トレしないと腰も調子悪いし。

というわけで、久しぶりのカーブス。
計測期間中だったので、ワークアウトの前に計測。
体重0.7kg減、体脂肪率0.5%増、体組成率変わらず、サイズは若干マイナス。
いまの店舗に移った時に目標をたてたんですが、その目標の背中が見えてきましたぞ!
油断しないでがんばるぞー。

Pagetop

[Edit]

塗り方を変えてみた

あー、もう、寒いなぁ。
ついこないだまで暑くてサーキュレーター付けてたのにねー。

さて、先日、NHKでやってる「アインシュタインの眼」という番組を観たんです。
最新の撮影技術を使って、肉眼では見えないミクロの世界、ハイスピードの世界などを見せる番組です。
先日のお題は、化粧。
同じものを使ってもメイクアップアーティストと素人さんは仕上がりが違うんですが、下地やファンデーションの塗り方は、どこがどう違うのか。
化粧水の付け方で肌の状態はどう違うのか。
もうねー、おもしろかったわ~。

まず、下地の付け方。
素人さんは下地を手に取って、おでこ、頬、あご、鼻に乗せてから、伸ばします。
そうすると、かな~りムラができます。ムラができると、光を均一に反射しないので、隠したいところが変に目立ったり、肌がきたなく見えたりするんだそうな。
一方プロは、下地を手のひらに伸ばしてから、顔に乗せていきます。
手で温まった下地は伸びやすく、肌に乗せた時にムラが少なくつけることができるので、隠したい部分は隠れ、光をきれいに反射して内側から輝くような仕上がりに! 下地がしっかりついているので、ファンデーションも軽く乗せるだけで大丈夫なんですって。
確かにねー、顔の上で伸ばしていくのって難しいもんね。

そして、化粧水。
よく、コットンでパッティングするけど、コットンではたかれた肌は、結構なダメージを受けるんだそうな。ミクロカメラで見ると、肌の表面がささくれ立つくらい。
なので、化粧水も手のひらにとってから、手のひらで包み込むようにしてやさしく付けるといいんだそうですよー。

この放送を見てから、下地の塗り方を変えてみたけど、確かに、ちょっと違うような気がする…。
私の眼はスーパーカメラじゃないから、よくわかんないけどもね~。

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。