• 201704 « 
  • 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 
  • » 201706

[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

[Edit]

普通ってなんだ

彼氏ができたと思ったらいきなり遠距離で、あちらの仕事が忙しくて音信不通が続いた結果、彼の方からお別れしようと告げられた。
半年とか間が空いた後に持ち直すことは難しいだろうとは思っていたけれど、私がすっきりしたいからという一方的な理由で、仕事でもこの関係でも追いつめられているだろう彼にこちらから切り出すのはやめておこうと思っていた。
だから、彼が自分で結論を出せてよかったと、ほっとした。
実際に何も始まらなかった関係だけれど、今回は縁がなかっただけだ。仕方がない。

で、最近、前から知っていた人と久しぶりに会い、そういえばこの人、前からいいヤツだと思ってたんだよな、と、なんとなく意識するようになった。
休日に一緒に出かけることになり、久しぶりにデートっぽいことをしてみた。
いや〜、男の人と出かけるのは楽しいね!
付き合うかどうかは置いておいて、しばらくゆるゆると続けてみようかと思う。
幸い、あちらも(今のところは)がっついていないし。

そして、これまた久しぶりに会う友人とそんな話をしていたとき
「まいむは、学生時代からそうだったけど、『そっちに行かなきゃいいのに』って人を好きになるよね。なんか、危ういっていうか…ワルっていうんじゃないけど、普通じゃない人っていうか…」
と言われて、ハッとした。
そうだ。私、いわゆる普通の人とお付き合いしたことがないかもしれない…。
ずっと刺激的(ってわけでもないんだけどさ、パッと見普通じゃない人でも付き合うと考え方は堅実だったりもするし)な人と付き合っていたせいで、おとなしい人は物足りなくなっているのかもしれない。
今気になっている人はけっこう年下で、私は文化の違いとかは特に気にならない方だからそんなもんかと思っているけれど、友人にしてみるとそれだけでチャレンジ精神旺盛に見えるようだ。

かといって…「普通」ってなんなんだ。
きっと、普通がわからない時点で、私自身が普通じゃないんだろう。

スポンサーサイト

Pagetop

[Edit]

幸せってなんだろね

学生の課題のグループワークの中で、「幸せを感じたことがあるか」という話になった。
まだ、二十歳にも満たない彼女たちは、ぽかーん、という感じだった。
そりゃそうだよね。
幸せについて考えるには、ある程度の人生経験が必要なのかもしれない。

幸せって、なんなんでしょうね。
不満のない状態だったり、長年の希望がかなえられたり、様々な欲求が満たされたり…。
幸せの基準や内容は人によって違うということだけは確かだろう。

私が最近幸せだと感じたのは、母が亡くなるときだった。
肉親の命が消えることと幸せというのは相反するようだけれど、自分を生んでくれた母の最期を見届けられることは、本当に幸せなことだと感じた。
悲しいとか寂しいとか悔しいとかそんな気持ちよりも、(誰に対してかわからないけど)ありがとうという思いの方が強かった。
まあ、そう感じることができたのは、何年もかけて準備ができていたからかもしれないけれど。

「幸せ」について考える学生を見ていたら、そんなことがふと、思い出されたのでした。

Pagetop

[Edit]

試験結果が出た

先月受験した「ビジネス著作権検定 上級」の試験結果が戻ってきました。

ギリギリセーフで合格!
もうね…合格ラインの正答率70%ぴったりだったのよ。
合格は合格だけど、これじゃいかん。
まあ、3ヶ月しか勉強期間がないのに飛び級でいきなり上級を受けた私が無謀といえば無謀だったんだけどね…。
法律系の試験をなめてました…。

三方ヶ原の戦いで負けた家康の「しかみ像」よろしく、得点分布をさらします。
点数がいいのは基礎部分。
弱い自信のあった著作権の制限(権利が及ばない著作物について)が、やっぱりボロボロ。正答率33%って、ヒドすぎるわ。

3月に本当に取得したい資格(知的財産管理技能士←国家資格)2級の試験があるんだけど、単科の試験でこれだから、複数の法律にまたがって勉強しないといけない試験、合格できる自信がなくなってきたお…。
受験時期伸ばしてみっちり勉強するかなぁ。でも来年は今みたいな余裕がなくなるからとっとととりたいんだよなぁ。悩ましいけど、無茶しないでおくか。

結果

Pagetop

[Edit]

将来の夢

小学校の作文の「将来の夢」というお題が苦手だった。
大人になった今でも、「夢」というものにいまいちピンとこない。

将来について、あれこれ自由に思いをめぐらすのはいいと思う。
夢が目標となって、それに向かって自主的に歩みを進められる人間であれば。
でも、だいたいの人は、子どもの頃に無邪気に語った夢が実は実現不可能なものであることを知って諦めてしまったり、いきなり夢とかけ離れた現実的な進路の選択を迫られてやる気をなくしてしまったりなどするんじゃないか。
夢を持つ事はいいことだと言われておきながら、ある年齢から、もっと現実を見ろ、と言われる。
そりゃやる気もなくすってもんだ。

[将来の夢]の続きを読む

Pagetop

[Edit]

いい夫婦の日の数日後だけど

実家に行ったら、近所の若夫婦が離婚したという話を、若夫婦の奥さんのお母さんが知らせにきてくれた。

旦那さんは出稼ぎに出ていて、盆正月くらいしか戻って来ない人だった。戻ってくると子どもとよく遊んではいた。
(あくまでも、奥さんのお母さんの談だけど)奥さんは3人の子育てと、旦那がいない間の家を守っていたのだけど、たまにしか戻らない旦那は子どもをかわいがるだけで、奥さんには「しつけがなってない」だの「飯やりすぎだ、こんなに太らせて」など、育児に協力するわけでもなく、奥さんの事をいたわるわけでもなく、言いたい放題。
奥さんは旦那の実家ともあまりうまくいっていなかったようだ。

[いい夫婦の日の数日後だけど]の続きを読む

Pagetop


プロフィール

こけし

Author:こけし
イカとサバの街から冷麺とわんこそばの街に移り住んだ、アラフォーです。

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

いろいろ

おいでませ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。